【淫乱感染】学校中にばら撒かれたビッチ化ウィルスで全員みだらなメスに!?

 

もしもクラスの可愛い女の子たちがセックスさせてくれたら・・・
そんな妄想は男子なら一度は抱くはずです。
そんな妄想が現実のものとなったのが「淫乱感染」です。
しかも、ビッチなメスになった女の子たちはエッチをさせ放題にヤらせてくれます。

ただし、唯一の問題はその女の子たちはビッチ化ウィルスに感染してしまっているということです。
このウィルスは唾液や愛液、精液に含まれているらしく、エッチをしたらどんどん感染が広がっていってしまいます。
つまり、ビッチなクラスの女の子とエッチすることによって感染が広がっていき、放っておくと学園中がビッチの巣窟になってしまうということです。
しかし、若くて瑞々しいカラダの女の子が裸でセックスをおねだりしてきたら断ることなんてできるはずもありません。
こうして、ビッチ化ウィルスはどんどん感染拡大していくことになるのです。

このビッチ化ウィルス騒動の発端はある科学者にあります。
ビッチ化ウィルスの開発に成功したこの科学者は、効果を実験するためにある学園を選びます。
学園なら若い女の子が密集しているので、効果を測定しやすいと考えたのでしょう。
校医に成りすました科学者は予防接種の際に目をつけた可愛い女の子にビッチ化ウィルスを注射してしまうのです!

ビッチ化ウィルスを注射された女の子は当初はカラダが火照ってくるだけなのでただの風邪かと思っているのですが、時間が経過するごとに、エッチしたくてたまらなくなってくるのです。
淫乱感染した女の子はやがて男なら誰でもいいからやりたくてしょうがなくなります。
女の子は普段は嫌っている体育教師に肉棒をおねだりし、たっぷり中に出してもらうまでエッチを続けます。
体育教師は若い女の子に関係を迫られて悪い気がするはずもなく、その場で彼女を抱いてしまったことでウィルスに感染します。
こうして体育教師は女の子を見つけ次第強引にエッチをする変態教師となってしまうのです。

最初のうちは、ビッチな痴女がいるという程度でしたが、感染が広がってくるとやがてそんなことも言っていられなくなってきます。
なにせ、周囲はみんなビッチ化しているのでいつ襲われるかわからないからです。
襲われるとゾンビ・・・ではなくビッチになって次の獲物を探すというのが面白い設定のエロ漫画です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket